CATEGORY

コマンド応用(Linux)

【tee】Linuxコマンド_出力ログを画面とファイルの両方に出力

LinuxOSでコマンド出力した結果は通常、その画面で表示されます。 このコマンドの出力結果を画面に出力しつつ、ファイルにも保存するには「tee」コマンドを実施します。 「tee」コマンドの使い方(Linux) 以下ではLinuxOSのバージョン確認を実施した際に出力結果をそのまま画面に表示しつつ、「ver_log」というファイルに保存した例となります。 バージョンを確認しつつ、「tee」コマンド […]

【|(パイプ)】Linuxコマンド_複数のコマンドを同時に実行する

Linuxコマンドでは複数のコマンドを組み合わせ同時に実行することが可能です。 「|」パイプを利用することにより、左から一つ目のコマンドを2つ目のコマンドに入力として渡します。 2つ目のコマンドは受け取った入力をもとに処理を実行します。 「|」パイプはこのように複数の組み合わせを使用してコマンドを同時実行することができます。 「|」パイプ コマンドの使い方(Linux) 以下では「|」パイプコマン […]

【<,>,&】Linuxコマンド_コマンドの入出力結果をファイルへ保存する

Linuxコマンドは通常、キーボードからの入力からコマンド結果をその画面に出力表示します。 ただし、中にはそのコマンドの入力や出力結果が大量に発生したり、出力結果を別途ファイルに保存したい場合があります。 そのような時は「リダイレクト(”<”,”>”)」を使用します。 コマンドの入出力結果をファイルへ保存する 以下では基本的な「ps」コマンドを「ps […]

【Linux】コマンド応用(便利な使い方)

LinuxOSではコマンドを利用して設定や構築をすることが多いです。 ここではLinuxコマンドでも便利な使い方を中心にまとめました。 Linuxコマンドを応用した便利な使い方 Linuxコマンドにおける便利なコマンドの使い方となります。 以下ではLinuxOSコマンドで実務や作業にも利用できる便利なコマンドをまとめました。 基本的なコマンドを知った上で、応用で利用する上で業務や作業も楽になり、知 […]