データの型(Python)


PCで「値」を入力する際には、数値と文字列が正しく使われていないと、プログラムが実行できません。

Pythonはこれを「型」といい、正しく使われていないと、プログラムが実行できません。

以下では「データの型」についてまとめます。

「Python」データの型についてのまとめと使い方

データには「型」があります。

整数など小数点のない数値は「int型」と呼ばれています。

Pythonではこのほかにも以下のような方があります。

  • 小数点を含む実数「float型」
  • 文字列を表す「str型」
  • 真偽値を表す「bool型」

いかにそれぞれの「型」の違いを表にしたので、参考にしてください。

【Python】いろんな型の種類
表示例 意味
int型(整数型) 1 100 −50 小数点なしの整数
float型(浮動小数点方) 1.5 −0.6 3.1415 小数点を含む数値
str型 ‘林檎’ ’apple’ “150” 文字列「’」か「”」で囲む
bool型(真偽値型) True False 正しいor正しくない

型変換と実行例

input()関数で標準入力から入力されたデータは全て文字列型(str)となります。
そのため、足し算や引き算などの計算をしたい場合は、数値(int)型へ変換する必要があります。

このようにある型を別の方に変換することを「型変換」といいます。
型変換をする場合は、型変換の関数の()ないに変換したい値を入れます。

※「test_str_test_int.py」と言うファイルを作成

test_str = '100'
test_int = int(test_str)
number = (test_int + 50) * 2
print(number)

実行結果

$ python3 test_str_test_int.py 
300

test_strが整数とされ、計算ができるようになります。
また、型変換を行う主な関数は以下となります。

関数名
int() 整数
float() 浮動小数点
str() 文字列型

型が合わないとプログラムが実行できず「エラー」となる

int型やfloat型のように数値同士の型同士であれば計算は可能ですが、数値と文字列の組み合わせは計算すると以下のようにエラーを吐きます。

>>> 1 + 2
3
>>> 1 + '2'
Traceback (most recent call last):
  File "", line 1, in 
TypeError: unsupported operand type(s) for +: 'int' and 'str'
>>> 

input()関数を使ったプログラム

以下では「input_str_int.py」と言うファイルを作成し、input()関数を利用してキーボード入力した文字列を「int型」=整数へ変換し計算させます。

test_str = input('数字を入力: ')
test_int = int(test_str)
number = (test_int + 50) * 2
print(number)

実行結果

$ python3 input_str_int.py 
数字を入力: 50
200
$

以上がPythonのデータの型となります。

int型、float型などの数値とstr型の文字列型をしっかりと把握して実行するようにしましょう。



Leave A Comment?

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)