【VMware】vCenter6.5インストール手順

  VMware



VMware「vCenter6.5」のインストール手順となります。

インストール前にはDNSサーバーを構築し、名前解決でアクセスできる環境を整えた方が便利です。
※インストール時にも参照DNSサーバーの設定があります。

vCenter6.5をインストールする手順

vCenter6.5をインストールするにはインストーラーが必要となります。
下記URLページへアクセスし、インストーラーをダウンロードします。

vCenterインストール用の仮想マシンからインストーラーを起動

インストーラーダウンロード後、インストールを実施しる仮想マシンから、isoファイル内のインストーラーを起動します。
起動後、以下の画面が表示されるので「インストール」をクリックします。

「アプライアンスのデプロイ」画面でそのまま「次へ」をクリックします。

「ユーザー使用許諾契約書」の内容を確認後、「同意」にチェックし、「次へ」をクリックします。

「デプロイ タイプの選択」画面で「Platform Services Controllerが組み込まれたvCenter Server」を選択し、「次へ」をクリックします。

「アプライアンスのデプロイターゲット」でvCenterをデプロイする先のESXiホスト(IPアドレス、もしくはホスト名)を指定し、対象となるESXiホストのroot、パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

「証明書に関する警告」のポップアップが表示されるので「はい」をクリックします。

「アプライアンス仮想マシンの設定」で仮想マシン名(vCenter名)を任意で設定し、rootパスワードを設定し、「次へ」をクリックします。

「デプロイ サイズの選択」で仮想環境に合わせてvCenterのサイズを選択肢ます。
ここでは、検証環境となるので「極小」を選択します。

「データストアの選択」画面で、vCenterのデータの保存場所を選択し、「次へ」をクリックします。

「ネットワークの構成」で以下を設定します。

  • ネットワーク:使用するNICを選択
  • IPバージョン:IPv4もしくはIPv6を選択
  • IP割り当て:固定
  • システム名:vCenter名(任意)設定
  • IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ:vCenterに設定するIPを設定
  • DNSサーバ:インストールにほぼ必須となるので設定。ない場合は事前に構築。

設定後、「次へ」をクリックします。

ステージ1設定確認後、「終了」をクリックします。

完了後、ステージ2を実施すれば完了です。

ステージ2以降の設定は以下のページを参考にしてください。
【MVware】vCenter7.0インストール手順

LEAVE A COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)