【cd】Linuxコマンド_現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)を移動する

Linuxコマンドで現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)を変更(移動)するには「cd」コマンドを使用します。

「cd」コマンドの使い方(Linux)

現在のカレントディレクトリから、別のディレクトリに移動します。

以下では「root」でアクセスしたのでホームディレクトリが「/root」となります。

$ pwd
/root

「/root」内にあるファイルは以下となります。

$ ls -lF
total 8
-rw------- 1 root root 2541  6月 27 21:05 anaconda-ks.cfg
-rw-r--r-- 1 root root  737  6月 27 21:05 anaconda-post.log

この「root」からcdコマンドを実行し、別ディレクトリへ移動します。
以下では「tmp」配下のディレクトリに移動した例とあります。

$ cd /tmp/test/

現在のディレクトリが変更されたことが確認できます。

$ pwd
/tmp/test

変更先のディレクトリ内のファイル・ディレクトリが表示されていることを確認できます。

$ ls -lF
total 16
drwxr-xr-x 2 root root 4096  7月 24 03:22 test01/
-rw-r--r-- 1 root root    0  7月 18 07:57 test01.txt
drwxr-xr-x 2 root root 4096  7月 24 03:24 test02/
-rw-r--r-- 1 root root    0  7月 24 03:04 test02.txt

ホームディレクトリへ戻る場合

現在のディレクトリから、ホームディレクトリへ戻る場合は「cd」コマンドを引数なしで実行します。

現在のディレクトリは以下となります。

$ pwd
/tmp/test

ホームディレクトリに戻るため、以下のように「cd」コマンドを実行します。

$ cd

pwdコマンドでホームディレクトリへ戻ったことが確認できます。

$ pwd
/root

「~(チルダ)」を使用したホームディレクトリの移動方法

cdコマンドでは、ホームディレクトリを表す表記として「~ (チルダ)」を使用できます。
以下では「~」を使用したディレクトリの移動例となります。

現在、ホームディレクトリに位置しています。

$ pwd
/root

ホームディレクトリ配下の「test01」、「test01」ディレクトリを移動していきます。

$ ls -lF
total 16
-rw------- 1 root root 2541  6月 27 21:05 anaconda-ks.cfg
-rw-r--r-- 1 root root  737  6月 27 21:05 anaconda-post.log
drwxr-xr-x 2 root root 4096  7月 25 06:17 test01/
drwxr-xr-x 2 root root 4096  7月 25 06:17 test02/

「test01」へ移動します。

$ cd test01

現在のカレントディレクトリは「test01」に位置しています。

$ pwd
/root/test01

「~ (チルダ)」を使用して「test02」ディレクトリへ移動します。

$ cd ~/test02/

「~」でホームディレクトリとして「test02」へ移動できたことが確認できます。

$ pwd
/root/test02

「cd」コマンドオプション

「cd」コマンドのオプションは以下の通りとなります。

$ cd --help
cd: cd [-L|[-P [-e]] [-@]] [dir]
    Change the shell working directory.
    
    Change the current directory to DIR.  The default DIR is the value of the
    HOME shell variable.
    
    The variable CDPATH defines the search path for the directory containing
    DIR.  Alternative directory names in CDPATH are separated by a colon (:).
    A null directory name is the same as the current directory.  If DIR begins
    with a slash (/), then CDPATH is not used.
    
    If the directory is not found, and the shell option `cdable_vars' is set,
    the word is assumed to be  a variable name.  If that variable has a value,
    its value is used for DIR.
    
    Options:
      -L	force symbolic links to be followed: resolve symbolic
    		links in DIR after processing instances of `..'
      -P	use the physical directory structure without following
    		symbolic links: resolve symbolic links in DIR before
    		processing instances of `..'
      -e	if the -P option is supplied, and the current working
    		directory cannot be determined successfully, exit with
    		a non-zero status
      -@	on systems that support it, present a file with extended
    		attributes as a directory containing the file attributes
    
    The default is to follow symbolic links, as if `-L' were specified.
    `..' is processed by removing the immediately previous pathname component
    back to a slash or the beginning of DIR.
    
    Exit Status:
    Returns 0 if the directory is changed, and if $PWD is set successfully when
    -P is used; non-zero otherwise.

「cd」コマンドの使い方は以上となります。

最新情報をチェックしよう!