【scp】Linuxコマンド_通信を暗号化し安全にファイルを転送する

リモートホスト先との通信を暗号化し、安全にファイルの転送処理を行いたい場合はscpコマンドを使用します。




「scp」コマンドの使い方(Linux)

「scp」は通信を暗号化し、安全にファイルの転送処理を実施することができます。
scpコマンドを使用することにより、通信を傍聴されずファイルを安全に転送することにより、セキュリティ面も高くなるのでおすすめです。

「scp」コマンドをインストールする

「scp」コマンドを実行するには「openssh-clients」パッケージをインストールしないといけません。
インストール方法は以下となります。

CentOS8

# dnf -y install openssh-clients

CentOS7

# yum -y install openssh-clients



「scp」コマンドを利用したファイル・フォルダ転送方法

以下では実際に「scp」コマンドを使用してファイル・フォルダをコピーした例となります。
コピー元とコピー先の情報は以下となります。

  • コピー元:172.17.0.2(root)、「/tmp/test01.txt」
  • コピー先:自身のサーバ(centos)、「/home」

コピー先は自身のサーバーの「/home」配下で、同じファイル名をコピーするので「.」とします。

ファイル転送コマンド

対象ファイル「test01.txt」

[root@centos8 home]# scp -p 2222 root@172.17.0.2:/tmp/test01.txt /home/.
root@172.17.0.2's password: 
test01.txt                                                                                                100%    0     0.0KB/s   00:00    
[root@centos8 home]# ls /home/
test01.txt

フォルダ転送コマンド

対象フォルダ「test01_dir」

[root@centos8 tmp]# scp -r -p 2222 root@172.17.0.2:/tmp/test01_dir/ /home/.
root@172.17.0.2's password: 
[root@centos8 tmp]# ls /home/
test01.txt  test01_dir

「scp」コマンドオプション

「scp」コマンドのオプションは以下の通りとなります。

[root@centos8 /]# scp -h
unknown option -- h
usage: scp [-346BCpqrTv] [-c cipher] [-F ssh_config] [-i identity_file]
            [-J destination] [-l limit] [-o ssh_option] [-P port]
            [-S program] source ... target

「scp」コマンドの使い方は以上となります。

最新情報をチェックしよう!