【zcat,bzcat,xzcat】Linuxコマンド_圧縮ファイルの中身のデータを表示する

前回、ファイルを圧縮するコマンドを紹介しました。
この圧縮されたファイルをそのままにして中身のデータを表示したい場合、以下のコマンドを実施します。

圧縮形式 コマンド
gzip zcat
bzip2 bzcat
xz xzcat

今回は上記圧縮ファイルの中身を表示するコマンドの使い方についてまとめます。

前回の圧縮コマンドの使い方は以下のページを参考にしてください。

関連記事

LinuxOSでは、ネットワーク上でファイル転送をしたり、古いファイルを保存する場合に圧縮のコマンドを実施します。 ファイル圧縮をすることでファイルサイズを小さくし、空き容量を増やしたり、作業効率を向上することができます。 以下では[…]

VPS_比較

「zcat,bzcat,xzcat」コマンドの使い方(Linux)

このコマンドは正確に言うと圧縮したファイルをそのままにして、解凍した際のデータを表示するコマンドとなります。
ですので、圧縮ファイルはそのままで中身のデータを確認することができます。

以下ではそれぞれの圧縮形式を解凍して出力した結果となります。

「gzip」形式(拡張子”.gz”)を解凍して表示する

「gzip」形式(拡張子”.gz”)の圧縮ファイル「test.txt.gz」を表示するには「zcat」コマンドを使用します。

$ ls -l
total 4
-rw-r--r-- 1 root root 48 Nov  7 03:28 test.txt.gz
$ zcat test.txt.gz 
test_file
10 100 1000

$ ls -l
total 4
-rw-r--r-- 1 root root 48 Nov  7 03:28 test.txt.gz

上記のように圧縮ファイルの中身だけ表示され、圧縮ファイル自体は解凍されずに残っています。

「bzip2」形式(拡張子”.bz2″)を解凍して表示する

「bzip2」形式(拡張子”.bz2″)の圧縮ファイル「test.txt.bz2」を表示するには「bzcat」コマンドを使用します。

$ ls -l
合計 4
-rw-r--r-- 1 root root 62 11月  7 12:51 test.txt.bz2
$ bzcat test.txt.bz2 
test_file
10 100 1000

$ ls -l
合計 4
-rw-r--r-- 1 root root 62 11月  7 12:51 test.txt.bz2

bzip2形式の圧縮ファイルの中身が確認でき、圧縮ファイルは自体は解凍されていないことが確認できます。

「xz」形式(拡張子”.xz”)を解凍して表示する

「xz」形式(拡張子”.xz”)の圧縮ファイル「test.txt.xz」を表示するには「xzcat」コマンドを使用します。

$ ls -l
合計 4
-rw-r--r-- 1 root root 80 11月  7 12:51 test.txt.xz
$ xzcat test.txt.xz 
test_file
10 100 1000

$ ls -l
合計 4
-rw-r--r-- 1 root root 80 11月  7 12:51 test.txt.xz

xz形式の圧縮ファイルの中身が確認でき、圧縮ファイル自体は解凍されていないことが確認できます。

「zcat,bzcat,xzcat」コマンドオプション

各圧縮コマンドのオプションは以下の通りとなります。

zcat

$ zcat --help
Usage: /usr/bin/zcat [OPTION]... [FILE]...
Uncompress FILEs to standard output.

  -f, --force       force; read compressed data even from a terminal
  -l, --list        list compressed file contents
  -q, --quiet       suppress all warnings
  -r, --recursive   operate recursively on directories
  -S, --suffix=SUF  use suffix SUF on compressed files
      --synchronous synchronous output (safer if system crashes, but slower)
  -t, --test        test compressed file integrity
  -v, --verbose     verbose mode
      --help        display this help and exit
      --version     display version information and exit

With no FILE, or when FILE is -, read standard input.

Report bugs to <bug-gzip@gnu.org>.

bzcat

$ bzcat --help
bzip2, a block-sorting file compressor.  Version 1.0.6, 6-Sept-2010.

   usage: bzcat [flags and input files in any order]

   -h --help           print this message
   -d --decompress     force decompression
   -z --compress       force compression
   -k --keep           keep (don't delete) input files
   -f --force          overwrite existing output files
   -t --test           test compressed file integrity
   -c --stdout         output to standard out
   -q --quiet          suppress noncritical error messages
   -v --verbose        be verbose (a 2nd -v gives more)
   -L --license        display software version & license
   -V --version        display software version & license
   -s --small          use less memory (at most 2500k)
   -1 .. -9            set block size to 100k .. 900k
   --fast              alias for -1
   --best              alias for -9

   If invoked as `bzip2', default action is to compress.
              as `bunzip2',  default action is to decompress.
              as `bzcat', default action is to decompress to stdout.

   If no file names are given, bzip2 compresses or decompresses
   from standard input to standard output.  You can combine
   short flags, so `-v -4' means the same as -v4 or -4v, &c.

xzcat

$ xzcat --help
Usage: xzcat [OPTION]... [FILE]...
Compress or decompress FILEs in the .xz format.

  -z, --compress      force compression
  -d, --decompress    force decompression
  -t, --test          test compressed file integrity
  -l, --list          list information about .xz files
  -k, --keep          keep (don't delete) input files
  -f, --force         force overwrite of output file and (de)compress links
  -c, --stdout        write to standard output and don't delete input files
  -0 ... -9           compression preset; default is 6; take compressor *and*
                      decompressor memory usage into account before using 7-9!
  -e, --extreme       try to improve compression ratio by using more CPU time;
                      does not affect decompressor memory requirements
  -T, --threads=NUM   use at most NUM threads; the default is 1; set to 0
                      to use as many threads as there are processor cores
  -q, --quiet         suppress warnings; specify twice to suppress errors too
  -v, --verbose       be verbose; specify twice for even more verbose
  -h, --help          display this short help and exit
  -H, --long-help     display the long help (lists also the advanced options)
  -V, --version       display the version number and exit

With no FILE, or when FILE is -, read standard input.

Report bugs to <lasse.collin@tukaani.org> (in English or Finnish).
XZ Utils home page: <https://tukaani.org/xz/>

各圧縮ファイルの中身のデータを確認するコマンドは以上となります。

エンジニアのオンライン学習

エンジニアにおすすめのオンライン教材比較
ITエンジニアが自宅で学習ができるオンラインスクール比較

エンジニアのおすすめ学習「Progate」と「Udemy」比較

VPS_比較
最新情報をチェックしよう!