【ifconfig】Linuxコマンド_ネットワークインターフェースの確認・設定

LinuxOSからコンピュータに設置されているイーサネットやWi-Fiなどのネットワーク歌めにインターフェースに割り当てられているIPアドレスを表示・確認、またはIPアドレスを固定で割り当てるために「ifconfig」コマンドを使用することで可能になります。

※「ifconfig」コマンドは使用しないことが推奨とされていますが、現在でも使用されていることが多いので記載します。




「ifconfig」コマンドの使い方(Linux)

LinuxOSに設定した割り当てipアドレスと割り当てられているネットワークインターフェースを表示するには、「ifconfig」コマンドを実施します。
ifconfigコマンドをオプション無しで実行することで、現状のアクティブなインターフェースの設定が表示されます。

以下では、eth0とループバック(lo)が表示されているほか、仮想環境のコンテナインターフェースとして「docker0」のインターフェースの状態が表示されています。

[root@centos8 /]# ifconfig
docker0: flags=4099<UP,BROADCAST,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 172.18.0.1  netmask 255.255.0.0  broadcast 172.18.255.255
        ether 02:42:8a:f9:e9:50  txqueuelen 0  (Ethernet)
        RX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 172.17.0.2  netmask 255.255.0.0  broadcast 172.17.255.255
        ether 02:42:ac:11:00:02  txqueuelen 0  (Ethernet)
        RX packets 216  bytes 418991 (409.1 KiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 236  bytes 23421 (22.8 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING>  mtu 65536
        inet 127.0.0.1  netmask 255.0.0.0
        loop  txqueuelen 1000  (Local Loopback)
        RX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

「inet」で表示されている行が現在対象のインターフェースに設定されているIPアドレスとなります。

「ifconfig」コマンドのインストール

「ifconfig」コマンドを実行できるようにするには、「net-tools」パッケージをインストールしないといけません。
インストール方法は以下となります。

[root@centos8 /]# dnf -y install net-tools
[root@centos8 /]# yum -y install net-tools

この「net-tools」パッケージはネットワーク関連システムを制御するためのプログラムを提供するので、ネットワーク関連のコマンドを実行したい場合はこのパッケージをインストールしておきましょう。




指定したインターフェースの状態を確認

「ifconfig」コマンドでは、オプション無しでアクティブなインターフェースを表示しますが、以下コマンドでは指定したインターフェースの状態を確認することが可能です。

[root@centos8 /]# ifconfig eth0
eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 172.17.0.3  netmask 255.255.0.0  broadcast 172.17.255.255
        ether 02:42:ac:11:00:02  txqueuelen 0  (Ethernet)
        RX packets 217  bytes 419061 (409.2 KiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 236  bytes 23421 (22.8 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

インターフェース起動・停止

「ifconfig」コマンドでのインターフェースの起動・停止は以下のコマンドで実行します。

[root@centos8 /]# ifconfig eth0 up 
[root@centos8 /]# ifconfig eth0 down

IPアドレスの割り当て設定

「ifconfig」コマンドではネットワークインターフェースにIPアドレスを割り当てることができます。
以下コマンド例では実際に「eth0」のIPアドレスを削除、割り当てをした例となります。

変更の際も以下のコマンドでIPアドレスが変更できます。

[root@centos8 /]# ifconfig eth0 inet 172.17.0.3 netmask 255.255.0.0

「ifconfig」コマンドオプション

「ifconfig」コマンドのオプションは以下の通りとなります。

[root@centos8 /]# ifconfig --help
Usage:
  ifconfig [-a] [-v] [-s] <interface> [[<AF>] <address>]
  [add <address>[/<prefixlen>]]
  [del <address>[/<prefixlen>]]
  [[-]broadcast [<address>]]  [[-]pointopoint [<address>]]
  [netmask <address>]  [dstaddr <address>]  [tunnel <address>]
  [outfill <NN>] [keepalive <NN>]
  [hw <HW> <address>]  [mtu <NN>]
  [[-]trailers]  [[-]arp]  [[-]allmulti]
  [multicast]  [[-]promisc]
  [mem_start <NN>]  [io_addr <NN>]  [irq <NN>]  [media <type>]
  [txqueuelen <NN>]
  [[-]dynamic]
  [up|down] ...

  <HW>=Hardware Type.
  List of possible hardware types:
    loop (Local Loopback) slip (Serial Line IP) cslip (VJ Serial Line IP) 
    slip6 (6-bit Serial Line IP) cslip6 (VJ 6-bit Serial Line IP) adaptive (Adaptive Serial Line IP) 
    ash (Ash) ether (Ethernet) ax25 (AMPR AX.25) 
    netrom (AMPR NET/ROM) rose (AMPR ROSE) tunnel (IPIP Tunnel) 
    ppp (Point-to-Point Protocol) hdlc ((Cisco)-HDLC) lapb (LAPB) 
    arcnet (ARCnet) dlci (Frame Relay DLCI) frad (Frame Relay Access Device) 
    sit (IPv6-in-IPv4) fddi (Fiber Distributed Data Interface) hippi (HIPPI) 
    irda (IrLAP) x25 (generic X.25) infiniband (InfiniBand) 
    eui64 (Generic EUI-64) 
  <AF>=Address family. Default: inet
  List of possible address families:
    unix (UNIX Domain) inet (DARPA Internet) inet6 (IPv6) 
    ax25 (AMPR AX.25) netrom (AMPR NET/ROM) rose (AMPR ROSE) 
    ipx (Novell IPX) ddp (Appletalk DDP) ash (Ash) 
    x25 (CCITT X.25) 

「ifconfig」コマンドの使い方は以上となります

最新情報をチェックしよう!