【whois】Linuxコマンド_ドメイン情報を確認する

インターネット上のドメイン名は、ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という非営利団体によって管理されています。

インターネット上のドメイン情報を取得するにはこの「ICANN」のWHOISデータベースから確認します。
このドメイン情報を取得するコマンドが「whois」コマンドとなります。




「whois」コマンドの使い方(Linux)

「whois」コマンドはドメイン情報を出力するためのコマンドとなります。

「whois」コマンドのインストール

whoisコマンドを使用するには、以下コマンドでパッケージをインストールします。

[root@centos8 ~]# dnf -y install whois

もしくは

[root@centos7 ~]# yum -y install whois



「whois」コマンドを使用したドメイン情報表示例

以下ではIIJのドメイン情報を表示した例となります。

[root@centos8 ~]# whois iij.co.jp
[ JPRS database provides information on network administration. Its use is    ]
[ restricted to network administration purposes. For further information,     ]
[ use 'whois -h whois.jprs.jp help'. To suppress Japanese output, add'/e'     ]
[ at the end of command, e.g. 'whois -h whois.jprs.jp xxx/e'.                 ]

Domain Information: [ドメイン情報]
a. [ドメイン名]                 IIJ.CO.JP
e. [そしきめい]                 かぶしきがいしゃ いんたーねっといにしあてぃぶ
f. [組織名]                     株式会社 インターネットイニシアティブ
g. [Organization]               Internet Initiative Japan Inc.
k. [組織種別]                   株式会社
l. [Organization Type]          Corporation
m. [登録担当者]                 TM003JP
n. [技術連絡担当者]             RO3508JP
p. [ネームサーバ]               dns0.iij.ad.jp
p. [ネームサーバ]               dns1.iij.ad.jp
s. [署名鍵]                     47587 8 2 (
                                61B3E26CF3B893EF29D9F802BB3EB178
                                89B04F6C172A4F22557EDFC14B18B293 )
[状態]                          Connected (2021/12/31)
[登録年月日]                    1996/12/20
[接続年月日]                    1996/12/27
[最終更新]                      2021/01/01 01:06:25 (JST)

「whois」コマンドは指名したドメイン名を管理委しているサーバーを推測し、そのサーバーに対してドメイン情報を問い合わせます。

「whois」コマンドオプション

ドメイン情報を問い合わせるサーバーを指定したい場合は「-h」オプションを指定します。

表示される情報については管理するサーバーによって異なります。

[root@centos8 ~]# whois -h whois.jprs.jp iij.co.jp
[ JPRS database provides information on network administration. Its use is    ]
[ restricted to network administration purposes. For further information,     ]
[ use 'whois -h whois.jprs.jp help'. To suppress Japanese output, add'/e'     ]
[ at the end of command, e.g. 'whois -h whois.jprs.jp xxx/e'.                 ]

Domain Information: [ドメイン情報]
a. [ドメイン名]                 IIJ.CO.JP
e. [そしきめい]                 かぶしきがいしゃ いんたーねっといにしあてぃぶ
f. [組織名]                     株式会社 インターネットイニシアティブ
g. [Organization]               Internet Initiative Japan Inc.
k. [組織種別]                   株式会社
l. [Organization Type]          Corporation
m. [登録担当者]                 TM003JP
n. [技術連絡担当者]             RO3508JP
p. [ネームサーバ]               dns0.iij.ad.jp
p. [ネームサーバ]               dns1.iij.ad.jp
s. [署名鍵]                     47587 8 2 (
                                61B3E26CF3B893EF29D9F802BB3EB178
                                89B04F6C172A4F22557EDFC14B18B293 )
[状態]                          Connected (2021/12/31)
[登録年月日]                    1996/12/20
[接続年月日]                    1996/12/27
[最終更新]                      2021/01/01 01:06:25 (JST)

その他のオプションについては以下を参考にしてください。

[root@centos8 ~]# whois -h
whois: option requires an argument -- 'h'
Usage: whois [OPTION]... OBJECT...

-h HOST, --host HOST   connect to server HOST
-p PORT, --port PORT   connect to PORT
-I                     query whois.iana.org and follow its referral
-H                     hide legal disclaimers
      --verbose        explain what is being done
      --help           display this help and exit
      --version        output version information and exit

These flags are supported by whois.ripe.net and some RIPE-like servers:
-l                     find the one level less specific match
-L                     find all levels less specific matches
-m                     find all one level more specific matches
-M                     find all levels of more specific matches
-c                     find the smallest match containing a mnt-irt attribute
-x                     exact match
-b                     return brief IP address ranges with abuse contact
-B                     turn off object filtering (show email addresses)
-G                     turn off grouping of associated objects
-d                     return DNS reverse delegation objects too
-i ATTR[,ATTR]...      do an inverse look-up for specified ATTRibutes
-T TYPE[,TYPE]...      only look for objects of TYPE
-K                     only primary keys are returned
-r                     turn off recursive look-ups for contact information
-R                     force to show local copy of the domain object even
                       if it contains referral
-a                     also search all the mirrored databases
-s SOURCE[,SOURCE]...  search the database mirrored from SOURCE
-g SOURCE:FIRST-LAST   find updates from SOURCE from serial FIRST to LAST
-t TYPE                request template for object of TYPE
-v TYPE                request verbose template for object of TYPE
-q [version|sources|types]  query specified server info

Linux「whois」コマンドの使用例は以上となります。

最新情報をチェックしよう!