【Linux】ファイル・ディレクトリ操作関連コマンド

LinuxOSではファイルやディレクトリを操作することがほとんどです。
ここではLinuxのファイル・ディレクトリ操作コマンドについてまとめました。




Linuxファイル・ディレクトリ操作

Linuxのファイルやディレクトリの基本的な操作コマンドとなります。

ファイルの操作コマンド

LinuxOSにおけるファイル操作コマンドをまとめました。
ファイルの表示やディレクトリへの移動、などLinuxOSの基本的な動作についてのコマンドとなります。

ファイル名・ディレクトリ名を表示する

ファイルやディレクトリの表示、また詳細な表示(オーナー・パーミッション・最終更新日など)の表示をします。

現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)を表示する

現在、自分が位置するカレントディレクトリのパスを表示させるコマンドとなります。

現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)を移動する

現在のディレクトリから別ディレクトリへ移動するコマンドとなります。

ファイルを新規作成・日付変更をする

ファイルの新規作成・日付変更をするコマンドとなります。

ディレクトリ名を作成する

ディレクトリの作成についてまとめています。

ファイルの内容(データ)を表示する

ファイルの中身の内容を表示します。
また、入力したデータで新規にファイルを作成したり、ファイルを連結させることもできます。

ファイル・ディレクトリをコピーする

ファイルやディレクトリをコピーするためのコマンドとなります。

ファイル・ディレクトリを移動する

ファイルやディレクトリを移動するためのコマンドとなります。

ファイル・ディレクトリ名を変更する

ファイルやディレクトリ名を変更するコマンドとなります。

ファイルを削除する

ファイル削除するためのコマンドとなります。

ディレクトリを削除する

ディレクトリ削除するためのコマンドとなります。

最新情報をチェックしよう!